【雑記】プレミアムフライデーを総括ってもねぇ

スポンサーリンク
Pocket

経団連の会長様が

「プレミアムフライデー」を「総括しないといけない」

とおっしゃったそうです。

総括も何も・・・ねぇ(笑)

スポンサーリンク

正直「ノー残業デー」と同じ香りしかしない


サラリーマンあるある的な感じですが

よくトップが思い付き(といっては悪いのか)で

「毎週〇曜日はノー残業デーにしよう」などと旗振りしますが

守られても2~3週間で、2~3か月後には

見事に形骸化しているなんていう話はよく聞きます。

だってそうですよねぇ。

基本的には限界まで切り詰めた人員で

残業して回す状態が恒常化していたら

一部の曜日をノー残業にしたら

他の曜日にしわ寄せがいくだけなんですって。

しかも月末のクソ忙しいときに15時にあがれとか

正気の沙汰とは思えませんしね。

経団連の偉い方々は

実は月末って忙しいということを

知らないのでしょうか。

実際に私が努めている会社では

開始月ぐらいは話題になりましたが

今ではプレミアムフライデーの

「プ」の字も出てこなくなってますよ。

とりあえず今のままだと

おそらく大失敗のまま終わるんでしょう。

消費拡大が目的なら減税でもしなよ。


そもそもプレミアムフライデーって

消費拡大が目的らしいのですが

それならプレミアムフライデーだけ

消費税を8%から0%にしたらどうですかね。

毎月最後の金曜日は消費税が0%ってどうですか。

いやーこれは消費しますよ。

爆発的に物が売れて困ってしまうでしょう。

ただ他の日にモノ買わなくなるだろうけど(笑)

冗談はさておき

消費を拡大させたいなら

早く帰らせるとか休みを増やすとかじゃなくて

一番手っ取り早いのは

給料を上げることだと思うんですけど

違うんでしょうかね。

とはいえ賢明なる投資家の方々は

節約がすでにパッシブスキル(自動的に発動する技能)

になっているので増えた給料は

消費せずに投資に回しちゃうんでしょうけどね。

私もそうしますし。

例えばこんな感じとか?


どうしてもプレミアムフライデーを浸透させたいのであれば

その日しか使えない商品券のようなものを発行して

企業負担で3000円ぐらい

従業員(非正規も含む)に配布し

サービスを提供する側については

その商品券で支払いされた分については

従業員の賃金に一定率還元しなければならないとかにすれば

全員Win-Winになりませんかね。

あ、企業だけは得しないか。

でもそれはきちんと福利厚生してますよ

アピールにしてもらうとかが落としどころかな。

当日に消費しなければ紙屑になるものであれば

流石にもったいないし使うでしょう。

従業員は懐が痛まずにサービスを受けられるし

サービスを提供する側は賃金が割増しされるし

それをやっている企業は社会貢献してますよアピールできるし

その券を発行・運用するシステムの利権がらみで

えらいさんたちも潤うでしょうからね。

そもそも物が市場を回ればお金は発生するでしょうし。

いずれにしても

もう少し働く側に寄り添った制度を考えてもらいたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top