【投資】SBI証券の投信積立内容が拡充するそうです。

スポンサーリンク
Pocket

最近、投資信託関係の

各証券会社の動きが活発になっているように感じますが

SBI証券が投資信託積立の機能を

10月中旬予定で拡充するそうです。

一部を抜粋して紹介したいと思います。

詳しくはこちら(SBIホールディングスのページに飛びます)を

確認してみてください。

スポンサーリンク

拡充内容の確認


投信積立のコースが拡充

従来:1コース

毎月:毎月好きな日付で積立

拡充後:5コース(赤字が新規で追加)

毎日:毎日(毎営業日)で積立

毎週:毎週月曜~金曜の好きな曜日で積立

毎月:毎月好きな日付で積立

複数日:好きな日付を複数選択して積立

隔月:隔月で積立

NISA投資可能枠の使い切り対応

従来:

積立設定金額がNISA投資可能残り枠より多い場合注文受付が完了できない。

拡充後:

「NISA枠ぎりぎり注文」

残りNISA投資可能枠よりも積立金額が多い場合、

NISA投資可能枠を使い切る金額で積立発注

「課税枠シフト注文」

残りNISA投資可能枠よりも積立金額が多い場合、

NISA投資可能枠を使い切る金額で積立発注

それに加えて、NISA投資可能枠に収まらなかった

残りの積立金額は、特定/一般預かりでの注文として積立発注

のいずれかを選択可能

投信積立銀行引き落としサービスの拡充

従来:

積立設定した金額の引落しのみ

拡充後:

積立金額だけではなく、自動引落金額を自由に設定できる

素直に便利だと思う


基本的には時間分散については

ちょっとどこだったか、ど忘れしてしまいましたが

毎月単位と週単位と毎日単位では

極端にパフォーマンスには差が出ないといったような

記事か資料を読んだ気がしますが

それでもゲン担ぎ的に日付を選びたい人などもいるでしょうから

選択肢が増えることは望ましいことだと思います。

またNISA投資枠を使い切るのに

微妙に設定を変えたりしなければいけないのかなぁ

などと考えていた身としては

何も考えずとも勝手に調整してくれるのは

非常にありがたいと感じますよ。

自動引き落としについては

私は月末に家計の収支計算をするために

必ず関係の通帳を記帳するので

そのタイミングで自分で振り分けているので

使用していませんが

収入を強制的に投資原資に回せるので

それは便利なのではないでしょうか。

この動きはつみたてNISA対応でしょ?


最近は各投信会社や証券会社で

色々と動きが発生していますが

これらの動きは来年から始まるつみたてNISAへの対応でしょうね。

特に「NISA枠ギリギリ注文」とか

「課税枠シフト注文」なんて

確実にそのために作ってるやつでしょうし。

これらの動き良いですねぇ。

楽天証券とかマネックス証券が追随してくるかな?

ただある程度囲い込みが完了した後に

改悪されないことだけは願いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top